手っ取り早い

診療

近年、スムージー専門店を街中で多く見かけるようになっています。スムージーとは野菜や果物をブレンダーで混ぜ合わせたドリンクです。健康志向の高まりと共に注目されており、自宅でも気軽に作ることができます。 忙しい現代人にとって体に良い野菜や果物を手早く取り入れられるというメリットがあります。普段の食生活の乱れや偏りを解消でき、便秘の改善にも効果があるためダイエットや美肌効果も期待できます。 スムージーは野菜や果物の酵素を効率よく摂取できるため上記のような効果があると言われています。 一般的な作り方は、旬の野菜と果物に少々の水を加え、なめらかになるまでブレンダーまたはミキサーにかけるだけです。ブレンダーと材料を用意すれば誰でも簡単に続けることができます。

スムージーを美味しく作るために気をつけることをご紹介します。 まず、材料は新鮮かつ旬のものを利用します。とれたての新鮮な野菜や果物は美味しいだけでなく栄養価が高いと言われています。旬のものは栄養価が高いだけでなく、体に良い効果があります。例えば、暑い時期にとれるものは体を冷やす効果があり、寒い時期にとれるものは体を温める効果があります。季節感のあるものを取り入れることで、自ずと材料の特徴を上手に取り入れられます。 次に、材料は出来るだけ低・無農薬のものをつかいます。スムージーは材料の皮・実を丸ごと使うことでより高い効果を得られます。通常のものよりも値段は高くなりますが、残留農薬の心配をせずに摂取できるものがおすすめです。 最後に、作りたてを飲むようにします。野菜や果物に含まれるビタミンは空気に触れると酸化しやすく、時間がたつと栄養価が低下してしまいます。作りおきは避けた方がよいでしょう。 スムージーには数多くの組み合わせがありますので、目的や体調に合わせて様々なレシピを活用するのがおすすめです。