注意しよう

落ち込む

乳がん検診は医師による触診と、マンモグラフィという撮影方法があります。触診はしこりの有無を直接調べてもらう方法で、ある程度進行してから発見されやすいです。マンモグラフィ撮影の場合は、乳房を板で挟んで薄くして均一に撮影する方法です。こちらは、がん化する前の石灰化という状態も発見できるのです。このマンモグラフィ乳がん検診は各市町村で安く行われるようになりました。 検査法自体は乳房を挟み込む関係で多少痛みがありますが、早期発見できる強みを考えると大した問題ではありません。痛い時は痛いと言えば調整してもらえるので、ちゃんと言いましょう。無理に我慢して、来年はこのマンモグラフィ乳がん検診はもうイイわ。こうなってしまうのが一番良くないことですから。

マンモグラフィ乳がん検診で早期発見が出来ると小規模手術で済みます。昔のように乳房をごっそりと取ってしまう大手術を避けられるメリットは計り知れません。何しろ、乳房とは女性のシンボルですから、それを失う悲しみは想像を絶します。何処に出来るガンでも同じことですが、早期発見早期治療にまさるものはありません。ぜひ、乳がん検診を欠かさず受けて下さい。 不幸にも乳房を切除しなくてはならなかったとしても、今は乳房再建が出来るのです。これで乳房が片側しか無い事を理由に薄着になる恐怖心などを感じる必要は無くなります。 ただし、この乳房再建術は何回かの手術が必要で、再建完了まで時間がかかります。1回で乳房が再建できない事は、今の技術では限界なのです。それでも昔よりは相当マシです。